我が家には、発売早々に購入したHomePodが今にあります。

もともとAmazon Alexaを持っていたのですが、Appleファンであること、またどうもAmazonさんはセキュリティの観点で気持ちが悪い気がしたので、発売早々に購入して今まで今に置き、主に音楽に使用しています。音が良く、また家族が帰宅したら音楽を流す、などといった設定もできるので、なんてことないですがダイニングの一部のように馴染んで家族全員で使用しています。

最近、中3の長男が英語の勉強が面白くなってきたようで、「風呂入れ!」とか、「これ片付ける!」とかいうとちょいと間違った英語で返事してくる。 ふと面白いので、Siriを英語に変更してみることにした。

そうするとどうだろう、なんというか、木の人形が妖精に魂を吹き込まれた途端にピノキオになるような、そんな気がするほどに生き生きと喋り始めるではないか! Hey Siri? と言ったあと、咄嗟に英語が出てこなくって黙っていたら、「アハぁ?」だって。これがまたなんとも自然。また、天気を聞いたりタイマーかけたりしても、相槌や返事のバリエーションがものすごくいっぱいあって、かつどれも自然でかっこいい! そうだ、我が家はずーっと、例えて言えば外国人力士が取組後のインタビューで、ものすごく寡黙で最低限の返事しかしないので、寡黙な人だなぁ、と思っていたら、なんてことはないそこまで喋れないだけ、みたいなそんな感じ。あるいは、厚切りジェイソンが日本が上達する前の、無理している感満点。

そこで気づいた、そうだ、Sriはアメリカ人だったんだ! 今までごめん、ちょっと機械だと思っていたけど、君は単に異国語をしゃべってたんだね。。と。

ぜひ皆さんも、一度英語にしてみることをお勧めします。 iPhoneを英語にするとちょっと面倒だけど、HomePodぐらいならちょうど良いのでは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です