リモートワークが本格的になってから4回目の四半期がきました。世の中オンラインに順調に以降していて、外資系でIT、なんていう特殊な世界だと、感情やコミュニケーションなどといったソフトな部分を除けば、問題なくリモートワークできています。

が、それってどういうこと?というとオンラインの承認行為が増えた増えた! もともと勤務している会社は、承認処理はデリゲーションしたら意味がない!自分でやること!という考えがあります。考え方としては良いのですが、一方で、承認する方はものすごく大変です。例えば、、

・出張申請 : 海外はもちろん禁止ですが、国内も安全管理のために上位マネジメントが承認、となります。そうするとある一定量はどうしても来るんです。さらに事前申請の後の精算申請。これは短距離少額も全部来ます。これだけでも毎日必ず十件以上、、

・ハンコの代わりのオンライン契約 : いや、いいんですよ。これによって出社しなければいけない方が減りますし、そもそも日本だけの文化だし、、けど、そうするとどうなるか?というと毎日電子署名に追われます。しかもそういうのって、急ぎです!とかが多い。。 これも平均毎日1、2件。

・業務時間承認処理 : これももちろん今までもあったのですが、所詮わからん。。が、もちろん義務なので確認して承認。遅れて出す人とか色々いるので、年がら年中承認処理をしている気がします。

・システムのセキュリテイ基準でVPNを張るものが一部残っている。 : あれ?繋がらない?と思うとVPNじゃないと到達しなかったりする。お恥ずかしい社内システム事情なのですが、時々あるので、その都度VPNを。

・いまだに残る、サインしてPDFで、という超アナログな仕組み。 : 本当に恥ずかしいが、国内独特の書類、などオンラインになっていなくって、サインしてPDFで、何ていうものが意外とある。単身赴任何とか、とか退社時の、とか、下手するとエビデンス不足への承認、など。。。

などなど。。全部合わせると、1日に数十件は必ず承認している。1週間で触るシステムは10ぐらい??

いや、いいんですよ。素晴らしいのですよ、オンラインで業務ができるって。かつちゃんと自己責任でその権限を持っている人が承認するって。でもね、デリゲーションできるものは全てやっても、毎日膨大な量の承認処理に終われます。

そうなると、iPhone,iPadが手放せない。特にサインしなければいけないものだと、iPadのapple pencilが役に立つ。ささっとやると、「え、もう?ありがとうございます!」なんて言われたりして。あとはエレベーターの中、とか、悲しいけれどもご飯食べながら、とかiPhoneで承認。 なかったらと思うとゾッとします。 常にon offを細かく切り替え、offの中でも時々on。

しかしまぁ、もっともっとデリゲーション、というより自己判断してもらえるように、その利益の責任なども含めて委譲していきたいものですが、外資系なので全部を変えるのはちょっと大変だったり、、、

以上、ちょっとした愚痴でした。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です