Apple Watch Series2からかれこれ2年、今回はSeries4に変えて1ヶ月強がたちました。つけて最初のうちは気分次第で変えていましたが、今はほとんどしっぱなし。

最近聞かれなくなっていたのですが、先日飲み会で「AppleWatchって実際どおっすか?」と聞かれたので、その答えをご参考までに

なにに便利と思うか?

1) 電話がかかってくるのがすぐわかる、さりげなくわかる、さりげなく止められる

今時仕事用の携帯を持っていない人はいないだろう。メールが多くて電話をかける機会が少なくなっているかもしれないが、私は反対で、メールをちまちま書くなら電話しちゃえ!という派。出られなければあとでかかってくるだろう、と。けど、かといっていつでもかかってくると困ります。それに、たとえジャケットの内ポケットに入っていても振動だけだと結構わからないもの。マナーモードにしたりの切り替えもついつい忘れがち。AppleWatchがあればその不便は全て解消! 私はiPhone8Plusを使っていますが、常にマナーモードにして内ポケットやカバンの中などで持ち歩いています。持っていないときは、会議が終わったとき、お客様先から出てきたとき、電車に乗ったとき、飲み会でトイレに行ったとき、などなどふとしたときにチェックしていました。が、電話は絶対逃さないので、そんな心配から解放!これ、とっても負担が減ります

2) SMS, iMessage, lineなどがさりげなく確認できる

これも仕事できたものが同じようにすぐわかる。少なくとも来たということは腕で感じているので、あとですっと腕で確認、返信するときだけiPhoneで。

ただ困るのは、Lineでプライベートのメッセージも仕事中に拾ってしまうこと。しかも、スタンプが画面に出てしまいます。妻から来た、おっけーというおばはんのスタンプが新しいApple Watch 4の画面いっぱいにでると、誰かに見られていないかドキドキします

3) スケジュールの通知をすることで、前のミーティングで終わらせなければいけないことがわかる。

例えばお客様への訪問、次の予定を“移動”として入れておくと5分前に通知させることができます。5分前まで時間を気にしない感じで話せて、スムーズにフェードアウトさせて時間ぴったり、というのはリレーションも円滑にできるポイントです

4) 時間が正確

どこかに待ち合わせ、お客様への訪問で時間が遅れたくないとき、みた時間が間違いなくあっている、というのも普通の腕時計でない安心感です

5) 電車のトラブルが通知

帰りの電車がトラブっていることをすっと通知してくれるので、じゃぁもうすこし飲むか、とかわかるのがとっても便利!周りの人にも教えてあげて重宝がられること請負。

日中の私の場合の便利ってこんな感じですね

あと実は毎晩したまま寝て目覚ましとしても使っているのですが、それはまた別途

もちろん、apple pay、時刻表、などなども使うときあるけれど、日中は上記ですね。毎日スーツを着ているビジネスマン、特に営業職や経営側の方へご参考になれば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です