今までSeries 2(38mm)を使ってきたのですが、どうしても気になってとうとう買ってしまいました、Series 4(40mm)!

勿論選択はステンレス一択、バンドはSeries2のミラネーゼループをそのまま使う前提でスポーツループです。前回Series2の時に、アルミニウムを購入して仕事にしていって2週間、ぎりぎりで返品(ごめんなさい)させていただき、ステンレスに変えて以来2年間、ステンレスに惚れ込んきました。

そんな私から、自信を持ってビジネスでSeries 4をおすすめする理由を記載します。ちなみに私、日常それなりの立場で様々な業種のお客様とお会いする必要があり、ほぼ毎日スーツにネクタイです。

1)薄さと大きさ

よく言われることですが、画面が大きくなってすこーしだけ薄くなった、ただそれだけのことなんです。初めてつけた時は、なんだ、変わんないじゃん、、、がっかり。って思いました。けれど、つけて仕事に行って1日経つと、この微妙さがなんとも大きな変化に感じられます。いままでは、なんか腕にコンピュータを巻きつけちゃったような、ぽこっと出た感じ、でべそを人に見られているような感じで人の視線が気になりました。それがギリギリ、存在感のある厚めのアナログの時計とちょうど同じような感じになりました。シャツにも引っかからず、全く人の目線が気になりません。

2)デジタルクラウンのさりげなさ

いままでどうしても、「はい、私はApple Watchです!」と正面にいる人にも主張していたデジタルクラウン。今回小さく(薄く)なりました。この微妙な変更がまたいいんです!使い勝手は反応が良くなり、かつ目立たなくなる。私の勝手な思いかもしれませんが、この自己主張の控え目さが、私がどこにいっても気にせずつけるようになった最大の違いかもしれません。

3) つけ心地

これは、裏がガラスっぽくなったので、自然に吸い付く感じになりました。これも大きい。これで一気にし心地がさらっとして感じがよくなり、気にならなくなりました。温度もSeries2だと微妙にあったかかったりして、やっぱりスマートウォッチだよな、と思っていたのが、そんなことも充電直後のほんの一瞬だけになりました。仕事地はいくつか持っている非スマートウォッチと比べても一番良いと思います。

4) 文字盤

私の場合、アナログ時計がもともと好きなんです。ですが、スケジュールを日常的にみるのですが、他の文字盤だと表示文字数が少なすぎて、いままでは仕方なくモジュラーを使っていました。Series2でWatchOS5に上げても、ユーティリティにしたらいままでと変わらずで諦めてました。それが、Series4にして何気なく見ると、ユーティリティでも予定表示が半円型になり、文字数が大幅に増加!!これは他のレビューでは発見できませんで使ってみるまでわかりませんでした。Series4ではインフォグラフを使っている方も多いと思いますが、どうもカラーがとりどりすぎて私は使っていません。

以上のような理由から、私は実はSeries4購入以降、一度も他の時計をつけて仕事に行っていません。先日など、会社紹介の写真撮影にもつけていってしまいました。勝手に自分自身が吹っ切れた、とも言えるのですが、いままでちょっと主張が強すぎて恥ずかしかったものが、普通に素材感を活かした高級感のある時計、となり、どんな場にしていっても気にならなくなりました。

もともと、仕事をする方、特に人と会うことが多くスケジュールが詰まっている方、また電話やメッセージがきてとっさに出にくいことがある方などには本当に便利で価値があるApple Watch。今回Series4で自信を持って言えます。「会社で立場のある、人と会うことが多い方にも自信を持ってお勧めできます!」

是非購入して、この便利さを活用してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です