ここ2年ほど気に入って使って来たLogicoolのKEYS-TO-GO
残念ながら毎日カバンの中に入れて持ち歩いたら表面がふやけてきた。ブラインドタッチで使っている限りにおいてはさほど使いにくいわけでもないのだが、出すたびにいろんな人から、それどうしちゃったの?と言われる。飽きてきたこともあり、ずいぶん経っているのでいいのが出ているだろう、と思って変えることにした。

わたしがキーボードを使うシーンと背景は以下
・仕事のメール(和文英文とも)、タスクリスト、Yammer, SharePointなどグループツールへの書き込み、会議などのメモをEvernote、メモなどへ
・最近複数オフィスをまわったり外出が多いので、PCを自宅に置きっ放しにすることが多い。よって、オフィスによってもiPadで仕事をするのでそこそこちゃんと打てないと生産性が低くなる
・会議中にキーボードを膝の上において打つこともある。また電車の中で座れた時にメールなどにカバンの上などで使ったりする
・30年近くキーボードを使ってきてそのうち20年はマック、その昔はUNIXなのでマックのキーボードへの親和性が高い
・ちなみに、画面が立ちすぎてミーティング時に感じが悪くなる(せっかくのiPadのさりげなさがない)、キーボードを使わない時に重くなる、ので、SmartKeyboradは却下。このあたりはAppleさん、角度が低くも出来るような仕様、是非考えてほしいです

さて、インターネットで”iPad Pro 外付け キーボード”、”モバイル Bluetooth キーボード”など検索するとやはり圧倒的に一番出てくるのがこれ、Microsoft Universal Foldable Keyboard
・半分に折り畳み可能で軽い (180g)
・iOSにもきちんと対応
・2台までの端末に同時接続、ボタンで接続先を選べる

やっぱりこれかなぁ、と思って前から見ていたが、いつかそのうち、と思っていた。さぁ買おう!と思った今回見て見たらどうも発売をやめるような気配、どんどん在庫がなくなっている、、、値段も上がっている、、、
こうなると欲しくて仕方がなくなっちゃって、近所のPCデポでたまたまあったので買ってしまいました、なんと8,500円(税抜き)。一時期あと千円以上やすかった気がするのに、、、

1,2週間使ってみたのだがどうも配列が、というよりこのあいだが開いているのが慣れない。さらに、キートップに書いてある記号と違う(薄く書いてある)ものが出るし、そもそもそれはMacの配列と違うじゃん!といらいらしてきた。そんなときに会社の同僚がMagic Keyboardを使っていて、触らせてもらったらそりゃ当たり前だけど配列は完璧!!しかもなんと231gと、SmartKeyboardより軽いじゃん、、、早く言ってよー、という感じ

えーーーーほしい、ということで仕事で疲れていた自らの癒やしに、馬鹿だなぁ、と思いながら購入してしまった。

一ヶ月ほど使ってきたのだが、どうしても許せなくなったのが以下の二つ

  • 電源を切り忘れる。これによって、一度音楽のボタンを押してしまったようでオフィスで音が流れて超慌てた。
  • Bluetoothのつながりが遅い。いらいらするので、aaaaaa、とか連打しているとやっとつながる感じ(いや本当は早いんですよ、それでも)

で、たまたまオフィスにいるときのMacbook Airをディスプレイつなげた時用のキーボードが一つほしかったことで、オフィス置きっ放しキーボードに格下げ。

で、やっぱりMicrosoft Foldable keyboardに戻ってきた。だってこれって、

  • 空けるとスイッチオン、しめるとスイッチオフで切り忘れなし!
  • つながるのがなぜか早い!これは他の二つの半分くらいで確実につながる
  • そして慣れると配列は許せる。そしてタッチは結構良い感じ
  • 膝上は無理だけど、鞄や何かの上に置けばなんとかなるかな
  • しかもなんと二台まで登録可能でボタン一つでワンタッチで切り替えてそれぞれが操作できる

ということで、結局いまはFoldableにもどして、さらに2番目の登録(が出来るのはこれだけ!)にiPhone 8 Plusなど登録して、かなり良い感じで活用中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です