私は、最近よく言う、神ってる、とか神アプリ、とか言った神ぺけぺけ、ってやつがどうも嫌いだ。そんな簡単に神って言うな、って思っているんだと思う。なぜだろう?とおもうに幼い頃に一神教の学校に行っていたりしたからだと思う。よく考えてみれば、日本はやおよろず=八百万の神がいるんだから、確かにそこら中に神が居たっていいんだよな。そういえばインドも多神教だと思うけど、神ぺけぺけっていう表現あるのかな?今度会社にいるインド人に聞いてみよう。

さて、最近 Apple Watchを買ってみて、なんかもう少しできないものかな?と思って対応アプリを見ているうちに、おっ、なんだろう?と思ったのがこれ。

workflow
DeskConnect, Inc.「Workflow: Powerful Automation Made Simple」
https://appsto.re/jp/2IzJ2.i

なんだ!ここまでやりたい事自由に出来るんだ、iOSって。早く言ってよー、という感じ。

名前がiOSアプリにしては業務っぽくって目にとまったんだけど、読んでいると意外と面白そうだから買ってみることにした。けど、アプリのすごさの割に情報が載ってるサイト少ないんだよね。
これ、結論から言うと、こりゃかなり良い!思わず神、、、と言おうとしたがそんなにポリシーを変えると信用を失うので、ここは秘書アプリ!とでも言っておこうかと。

なぜかというと、ビジネスマンが仕事をする上で便利なワークフローがいろいろ作れて、ちょっとわかってらっしゃる秘書みたい!と。どんなことができるかというと例えば、

1)この日の空いている時間をリストアップして。

iOSカレンダーをみて、その日の空いている時間を探して、それをリスト化してメールに送る。これって比較的よくあるシーンですよね。例えば、「今日どこかで15分電話で話せないですか?」と言われて、スケジュールをみて、覚えて、それをメールに書いて、、」という時。私なんかきっと毎日何度もあるような気がします。貧乏性で詰め込むの好きなので。そんなときに、日にちをしているするだけで一発でメールに書いてくれるって本当に便利!

2)今見ているこの資料にメモしたものをコピーして会議の参加者へ送って

配られた紙の資料に書き込みして、それを後で誰かに渡してコピーしてもらって、それを必要な人に渡す、なんていう流れあるかと思いますが、いまは紙の配布なんてなくって全部メールと添付が普通。送られてきたファイルを相棒のiPad ProにApple Pencileをつかってなんかのアプリでメモ書き込んで、それをまた会議参加者に送る、なんて言うのはあり得る流れかと思います。普通だと、どっかに保存しておいて、それをスケジュールの参加者にメールを送る、にしてそんときに添付させて、、、とやるんだと思います。ところが、これを使うと、今見ているもの、書いているものを、いわゆる他アプリに送る!で、次にリストから関係する会議を選ぶと、その会議の招集者みんなに、メールタイトルは”会議のタイトル”の資料です”ですっとワンアクションで送れる。これ、超便利だと思うのは私だけ?

3)2)の変形として、送った後にそのまま自動的に自分のevernoteに同じように会議タイトル、参加者を記載して新しいページとして入れる、ということができます。evernoteで仕事資料を保存している方にはめんどくさいワークがちょいと減る、といううれしいことが起こります。秘書さんに、「ちょっとこのメール、コピーして、さっきのメンバーに送って、それからバインダーに入れといて?」なんて言っているそこのあなた、こういうことを進めていかないと、秘書さんに愛想尽かされ、使えない男になっちゃいますよ。

 

4)すみません、ちょっと遅れます、、、

なんてSMSを送ることってありますよね。遅れるってこと自体非常に良くないことですが。そんなときに、位置情報を拾ってgoogle mapでいつ頃着く予定か調べて、その到着予定時刻を伝える、というのが一発でできるのはすごくいいんじゃないかと思うんです。そこでまたまた出てくるのがworkflow。今居る場所から次の(選択した)スケジュールの場所まで何分かかる?を調べてその結果をSMSなりに突っ込む!というのがワンアクションでできちゃうんです。これ素晴らしい!

 

他にも本当にいろいろできる、わくわくするソフト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です